Rodocolog
ニュースやトレンド、ハウツーなどのブログです
ニュース

辛坊治郎のパワハラ相手は誰?壁ドンは本当!?日テレ女性社員

辛坊治郎さんが日テレの女性スタッフに対してパワハラを行ったという疑惑で現在世間がにぎわっています。

本当のところはどうなのでしょうか?

その場に居合わせた番組プロデューサーの「社内報告書」が出回っており、大騒ぎになっています。

一体真相はどうなのでしょうか?

まずはこの件の詳細からご紹介します。

パワハラ疑惑の経緯

「週刊文春」1月9日(木)発売号が報じた「深層NEWS」(BS日テレ)の辛坊治郎氏(63)による女性スタッフAさんへのパワハラ疑惑。辛坊氏は自身のツイッターなどで「完全な捏造記事」などと報道を完全否定している。このほど「週刊文春」取材班は、その場に居合わせた番組プロデューサーB氏が記した「社内報告書」を入手。そこでB氏は〈心理的に強い恐怖心を抱かせ、社会通念上許されざる「パワハラ」に当たるものだと思います〉と記していた。

また被害者であるAさんが記したA4用紙15ページにおよぶ報告書も入手した。B氏とAさん、いずれの「報告書」も昨年12月16日付となっており、“事件”が起きた詳細な経緯に加え、日テレの社内事情、辛坊氏への不信感についても克明に記されている。

この2通の「報告書」によると、辛坊氏は激高したのは、 12月12日の放送終了後、AさんとB氏が辛坊氏に出演者をめぐるトラブルを報告した時だった。

〈これまでの上機嫌な様子が一変し、辛坊氏が「間違ったことは言ってない」と激高した〉(B氏の報告書より。以下B氏)

〈「おまえは何がしたい!」と怒鳴る。「何がしたい」「何がしたい」「何がしたい」と矢継ぎ早に繰り返す。(略)「おまえがそういう解釈するならおまえが馬鹿だからだ」〉(Aさんの報告書より。以下Aさん)

出典サイト:https://bunshun.jp/articles/-/26113

 

報告書ですから嘘はないでしょうから、かなりの権幕であったことは確かなようです。

辛坊治郎さんのコメント

辛坊治郎さんは下記のようなコメントをツイッターで出されています。

なかなか想像力豊かな内容にも思えます。

辛坊治郎のプロフィール

辛坊治郎さんはどんな方なのでしょうか。プロフィールを見てみようと思います。

  • 名前:辛坊治郎(しんぼうじろう)
  • 生年月日:1956年4月11日
  • 出身地:鳥取県
  • 血液型:AB型
  • 最終学歴:早稲田大学法学部
  • 職歴:読売テレビアナウンサー、報道局解説委員長、フリーアナウンサー

男兄弟の次男としてうまれた辛坊治郎さん。鳥取で生まれますがわずか2か月のみだったので鳥取の記憶はないようです。

自衛隊員であるお父様の転勤で全国を転々としていますが、物心ついた頃から大学時代まで埼玉県入間市に暮らしていました。

辛坊家は大阪府岸和田市の発祥であるために、プロフィールでも出身地を岸和田としていらっしゃる場合もあるようです。

早稲田大学卒業後に読売テレビにアナウンサーとして入社されています。ズームイン朝の地方リポーターを8年勤めていらっしゃいました。

読売テレビでは報道局情報番組部長、報道局解説委員長などを務めましたが2010年に読売テレビを退職しました。

ヨットで太平洋の横断

全盲のヨットマン岩本光弘さんを補助し2013年に福島県からアメリカのサンディエゴまで行く予定で航海したが、クジラと思われる生物と接触して浸水し海上自衛隊に救助されました。

ダイナミックな男性という印象のある辛坊治郎さんです。

ネットの反応

https://twitter.com/osakadaisuki22/status/1214838010551754752

 

パワハラ相手は誰なのか?

パワハラ相手は日テレのスタッフの女性ということまではわかっていますが、センシティブな内容でもあるためか、相手の方の名前や画像は公表されていないようです。

またわかり次第、更新していこうとおもいます。

まとめ

今回は辛坊治郎さんのパワハラ疑惑について書いてきましたが、どうやらもめごとがあったことは間違いないようですね。

辛坊治郎さんははっきりと否定されていますので、この状態が続けばかなりもめてしまうのかもしれません。

お互いの感じ方の違いと言ってしまえば終わりですが、たとえお互いに・どちらかが感情的になったとしてもその後のフォローで穏便におさまることも多いと思います。

是非おたがいに納得の結末となるといいですね。

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。