Rodocolog
ニュースやトレンド、ハウツーなどのブログです
CM

炎鵬(えんほう)のCMがヤバイ!逆から読むと驚きの結果!

力士の炎鵬さんの出演するCMが話題になっていますね。同じ文章でも上から読むととてもネガティブで、最後から読むととてもポジティブな内容になっています。

一瞬ドキッとするようなCMですが観終わるととても感動的なCMです。

それではまずはCMを見ていきましょう。

西武・そごうのCM「わたしは、私。」

CMのセリフを見ていきましょう。

大逆転は起こりうる。

わたしはその言葉を信じない。

どうせ奇跡は起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さなものでも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して戦え。

今こそ自分を貫く時だ。

しかしそんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負は諦めるのが賢明だ。

私はただなす術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。

ここまで読むととてもネガティブな文章に思えますよね。ですがここからがこのCMの違うところです。この文章が最後の文章から読まれていきます。すると…。全然違うポジティブな文章になっています。びっくりですね。

土俵際、もはや絶体絶命。

私はただなす術もなく押し込まれる。

勝ち目のない勝負は諦めるのが賢明だ。

しかしそんな考え方は馬鹿げている。

今こそ自分を貫く時だ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して戦え。

小さなものでも大きな相手に立ち向かえ。

それでも人々は無責任に言うだろう。

どうせ奇跡は起こらない。

わたしはその言葉を信じない。

大逆転は起こりうる。

同じ文章でもここまで違うなんて、文章とはすごいものだと思います。

「ひっくりかえせ」の意味が色々な意味にとれてとても深く感じられます。

炎鵬といえばとても体の小さい力士ですが、様々な工夫を凝らしてとても見ごたえのある相撲を取る力士としても有名です。そこで炎鵬のプロフィールや経歴を見ていきましょう。

炎鵬のプロフィール

  • 名前:炎鵬晃(えんほうあきら)
  • 本名:中村友哉
  • 生年月日:1994年10月18日
  • 出身地:石川県
  • 身長:168㎝
  • 体重:99㎏
  • 血液型:AB型
  • 宮城野部屋所属

炎鵬の経歴

兄の影響で相撲を始めたのは5歳の時でした。大きな体の友達に相撲で勝ったことをきっかけに炎鵬の相撲人生は始まりました。

その後中学・高校・大学と相撲を続けて、就職活動をしている時に応募先からも相撲界入りを勧められたこともあって、卒業後に白鵬の内弟子として宮城野部屋に入門しました。

小さい体の力士でありながらも、初土俵では一番出世となったのです。やはり素晴らしい才能の持ち主ですね。

その後もスピード出世を果たして今では角界では名物力士の1人となっています。

取り口としては「ひねり王子」という愛称で呼ばれるほど、捻りが得意であり、左右の区別なく捻りを繰り出します。そして体は小さいながら相手に圧力をかけながら前に出る相撲を取ることで有名です。

身長167㎝という本当に小さい体ながらここまでの活躍をするには才能とものすごい努力と工夫があったに違いありません。

炎鵬が土俵に上がるととても闘志あふれていて盛り上がり、そのパフォーマンスでもとても存在感があります。

そんな炎鵬だからこと今回のCMがピッタリだったのではないでしょうか。

まとめ

今回は小さな力士炎鵬の出演する西武・そごうのCMについてご紹介してきました。

とても印象に残るCMでとても話題になっています。

例え条件が悪くても「自分は自分」と思って淡々と前へ進む炎鵬のように私たちも頑張れるといいですね。

今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。