Rodocolog
ニュースやトレンド、ハウツーなどのブログです
ニュース

神田沙也加の新恋人は秋山大河!画像やプロフィールなどご紹介!

神田沙也加さんの離婚後、新恋人として報道されている秋山大河さん。ジャニーズファンの方ならば、もうすでにご存じなのかもしれませんが、今回は秋山大河さんについて調べてみることにしました。

「神田沙也加の新恋人は秋山大河!画像やプロフィールなどご紹介!」と題しまして、書いていこうとおもいます。

まずはプロフィールからです。

秋山大河さんのプロフィール

https://twitter.com/17_MD_5don/status/1200988528957476869

  • 名前:秋山大河(あきやまたいが)
  • 生年月日:1992年1月1日
  • 年齢:27歳
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:A型
  • 身長:176㎝

秋山大河さんの経歴

2002年にジャニーズ事務所に入所されているようです。今年で入所17周年ということでかなり若い頃(10歳)から事務所に所属されています。

現在はMADEというジャニーズJr.の4人組のグループに所属しています。

MADEは主に舞台や、嵐やNEWSのバックダンサーとして活躍しているグループです。グループ名はジャニー喜多川さんが付けたもので、その由来はM:ミュージカル、A:アカデミー、D:ダンシング、E:エキスパートの頭文字からだそうです。4人共が高身長であり、ジャニーズグループでも1.2を争います。

それでは、ネットでの反応を見てみましょう

ネットの反応

ネットではもちろん驚きの声が上がっています。

すでに離婚されているので不倫ではないですが、新恋人がいるなんて、びっくりです。でも、おそらく離婚時のコメントに神田沙也加さんも村田充さんもお互いに、「プライベートの報告をしている」とあったので、村田さんもご存じなのでしょう。

現在、神田沙也加さんはアナ雪のお仕事でお忙しいようなので、離婚の発表もその後にしようとされていたみたいですが、やはり週刊誌が放っておいてくれませんでしたね。

 

秋山大河さんについてはまだあまりたくさんの情報はないのですが、わかり次第更新します。

ここで神田沙也加さんのプロフィールをちょっとだけ振り返ってみましょう。

神田沙也加のプロフィール

  • 名前:神田沙也加(かんださやか)
  • 別名:SAYAKA
  • 生年月日:1986年10月1日
  • 年齢:33歳
  • 職業:歌手、女優、タレント、声優、ナレーター
  • 事務所:ローブ

神田沙也加の経歴

みなさんすでにご存じのように、松田聖子さんと神田正輝さんの長女として生まれました。ロリータファッションが大好きな神田沙也加さんは雑誌やブログでもロリータ姿を披露しています。

1999年8月、ロサンゼルスの日本人学校に通っていた時、両親には内緒でオーディションを受け、短編映画「ビーン・ケーキ(おはぎ)」のヒロインの小学生役で出演しました。この映画は第54回カンヌ国際映画祭で短編部門の最高賞を受賞しています。

幼い頃から、女優としての才能があったのですね。やはりご両親のDNAを受けついでいるのでしょうね。

実は母の松田聖子さんの曲を作詞していた、という時期もあったようです。多才なんですね。

日本での活動は2001年からSAYAKA名義で開始します。グリコの「アイスの実」がCM初出演となりました。この時のCM曲の作詞と歌唱を担当しました。

その後、歌手、女優、ミュージカルと活躍をしていたのですが、2005年に活動を休止して海外で海外でアルバイトなどをしていました。

2006年には神田沙也加として活動を再開します。2011年には母・松田聖子さんとの共演で紅白歌合戦に出場しました。

2012年には声優デビューします。一年以上前から、女優業とともに声優の専門学校に通っていたのでした。とても努力家な神田沙也加さんですね。一見するとお嬢さまのような雰囲気ですが、とても芯の強い女性のようですね。

2018年には長年の目標であった第43回菊田一夫演劇賞を受賞されています。地道に努力を重ねて、目標を達成される神田沙也加さんはスゴイですね。尊敬します。

 

まとめ

今回は「神田沙也加の新恋人は秋山大河!画像やプロフィールなどご紹介!」と題しまして、急展開となった神田沙也加さんと秋山大河さんのプロフィール等をご紹介してきました。

今後このお二人がどのような展開になるのかはわかりませんが、秋山大河さんも高身長でダンスの上手な青年とわかりました。

神田沙也加さんもますます自分の仕事の幅を広げていって実力派の女優、声優さんとして頑張っていらっしゃいます。

みんなで今後のお二人を見守りましょう。

今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。